バックナンバー

  • 2021/04/23 (Fri) 18:00
    SOUND SPHERE(サウンド スフィア)&アニメ専門ストアオープン!【2021年4月号】
  • 2021/03/26 (Fri) 19:30
    SOUND SPHERE(サウンド スフィア)&ポータブルターンテーブル新製品【2021年3月号】
  • 2021/03/15 (Mon) 14:52
    【お詫びと訂正】クラウドファンディング開始!Innovative Wireless Speaker System;「SOUND SPHERE」
  • 2021/03/15 (Mon) 12:00
    クラウドファンディング開始!Innovative Wireless Speaker System;「SOUND SPHERE」
  • 2021/02/26 (Fri) 17:30
    CES2021にて発表したAVレシーバー新製品のご紹介【2021年2月号】
  • 2021/01/22 (Fri) 18:00
    「CES2021」開催、AV レシーバー新機種を発表【2021年1月号】
  • 2020/12/25 (Fri) 17:00
    メリークリスマス!会員限定10%OFFクーポンプレゼント 【2020年12月号】
  • 2020/11/20 (Fri) 17:30
    パイオニアHome AV新製品!「PD-50AE」発表【2020年11月号】
  • 2020/10/23 (Fri) 17:00
    スケルトンデザインの完全ワイヤレスイヤホン新登場!【2020年10月号】
  • 2020/09/18 (Fri) 17:00
    【第九号】耳かけ型補聴器&自社ブランドマスクカバー新発売!
  • 2020/08/21 (Fri) 17:00
    【第八号】懐かしの銘機がミニチュアに!カスタムIEMがふるさと納税に!
  • 2020/07/22 (Wed) 17:00
    【第七号】一級建築士事務所サイトオープン!&カスタムIEM新情報
  • 2020/06/19 (Fri) 18:04
    【訂正】本日配信したメールマガジンについて
  • 2020/06/19 (Fri) 17:00
    【第六号】◆オンライン相談始まる!&完全ワイヤレス新製品2機種!
  • 2020/05/29 (Fri) 17:09
    ◆号外《テレワーク企画》第四弾:テレワークでも活躍!音楽鑑賞もしっかりいい音のワイヤレスヘッドホン
  • 2020/05/20 (Wed) 17:00
    第五号◆ついに全国区になったカスタムインイヤーモニター
  • 2020/04/17 (Fri) 20:24
    ◆号外《テレワーク企画》第三弾:体をストレッチする枕とハイレゾのヒーリング音源
  • 2020/04/10 (Fri) 17:06
    ◆号外《テレワーク企画》第二弾:テレワークに首掛けタイプのスピーカーフォンC9が便利!
  • 2020/03/12 (Thu) 16:05
    ◆号外《緊急企画》テレワーク支援、Rallyプレゼントキャンペーン
  • 2020/02/21 (Fri) 15:31
    第四号◆埋め込み型スピーカーってすっきりしていい!
  • 2020/01/23 (Thu) 16:24
    【第三号】DOLBY CINEMAはすごかった!
  • 2019/12/13 (Fri) 16:30
    【第二号】10%割引クーポンと年末のキャンペーンのお知らせ
  • 2019/11/21 (Thu) 16:52
    第1号:発刊記念!公式オンラインショップの10%クーポンプレゼント!

【第三号】DOLBY CINEMAはすごかった!

2020/01/23 (Thu) 16:24
XXXX 様
こんにちは。オンキヨー&パイオニアメールマガジン事務局です。

令和二年、最初のメールマガジンです。
あらためまして 今年もよろしくお願いいたします。

オリンピックイヤーがスタートしました。個人的にチケットの抽選は全敗だったのですが、友人がパラリンピックの陸上競技のチケットに当選し、誘ってくれました。いまからとっても楽しみです!


1:【体験レポート(1/2)】「Dolby Cinema」はすごかった!
昨年10月、有楽町マリオンの丸の内ピカデリーにオープンした大注目の「Dolby Cinema」。今回 松竹マルチプレックスシアターズ様のご厚意により「Dolby Cinema」を体験することができました!上映タイトルはなんとうれしい「アナと雪の女王2」です!レポートを2回に分けてお送りします。

丸の内ピカデリー
http://c.bme.jp/14/2484/106/XXXX

※Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Cinema、Dolby Vision、およびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの米国およびその他の国における登録商標です。
※劇場での鑑賞は2019年11月28日に行いました。

◆Dolby Cinemaの復習:
あらためて確認しましょう。
Dolby Cinema とは、最先端の立体音響Dolby Atmos、映像技術Dolby Vision、映画に没入するための究極のシアターデザイン。この3つの要素が揃った劇場です。

A) Dolby Atmos:オブジェクトオーディオという概念と天井スピーカーを導入し、サウンドが3次元空間で自在に動くことが可能になりました。これによってあたかも自分が映画のストーリーに入り込んだかの様な特別な没入体験ができるのです。
B) Dolby Vision:高輝度とハイコントラストを実現する処理技術。圧倒的なリアルさで魅せる奥行きやディテールの表現を可能にします。また、ハイダイナミックレンジ(HDR)により広範な色域と幅広な明るさを表現。黒はしっかりと沈みこみ本物の美しい漆黒を映し、より奥行きのある鮮やかでドラマチックな描写を可能にします。
C) シアターデザイン:全てにおいて映画を見るためだけに作られたデザイン。映像と音はもちろん、劇場の構造、静音性、インテリア、シートアレンジ、シートまで細部にわたり作りこまれおり、まるで制作スタジオのようなクオリティーです。

◆丸の内ピカデリードルビーシネマについて:
エントランス:
1フロアがDolby Cinemaのみで完結している劇場は、日本では丸の内ピカデリーだけです。エレベーターで5Fに上がると、専用のチケットカウンター・売店・グッズ売り場があり、すべてがDolby Cinemaの統一感、特別感のある作りになっています。

AVP(オーディオビジュアルパス):
シアターの入り口には、AVPがあり、上映作品に関わる映像が投影され、この前を通ってシアター内に入ります。否が応でも気分が盛り上がります。

シアター内:
暗いシアター内で各所に統一された青でライティングが施され、一貫した演出でさらなる特別感を与えてくれます。
 
座席:
ゆったりとした空間が一人一人に確保されていました。座り心地もとてもよく足元のスペースにも余裕があります。ドリンクホルダーも1席に2個ずつ用意されているので、左右で置く方を迷うことはありません。最前列はリクライニングシートになっており、専用オットマンと首元のクッションがついています。一般的な劇場だと最前列は敬遠されがちですが、ここでは一度最前列も体験してみたいと思いました。

存在を感じさせないスピーカー:
劇場内を見渡すと、スピーカーの存在が目で見て分かりにくいデザインになっていることに気づきます。より作品に没入するための環境への配慮が感じられます。

映画館に到着した時から、一貫してDolby Cinemaの世界観を感じることができ、上映前からとてもわくわくしました。
次回は、作品を鑑賞した感想をお送りいたします。

オンキヨー&パイオニアの公式セレクトショップ「ONKYO BASE」ではDolby AtmosやDolby Visionに対応したホームシアター機器で豊かな臨場感で映画コンテンツを視聴できます。お近くにお寄りの際はぜひお立ち寄りください。1/31までLINE友だち10%OFFクーポンセール開催中ですよ!


2:耳型を採ってみた!オンキヨー カスタムインイヤーモニター

新登場したカスタムインイヤーモニターが話題です。
装着感と音がとても良いです。耳の形に合わせてカスタムメイドし、デザインもカスタムできる世界にひとつだけのイヤホンです。
国内拠点生産の高い技術で高品質とより短い納期を実現できるようにしています。
詳しくはこちらから。
http://c.bme.jp/14/2484/107/XXXX

この話題のカスタムインイヤーモニターには、耳型採取の工程が必須です。ぜひそれを体験してみたいと関係者にお願いして体験してみました。
耳型採りは研修を受けスキルを身に着けたスタッフが担当します。
小さなスポンジを耳穴に挿入し(この後入れるシリコン樹脂の印象材が耳の奥まで入ってしまわないようにするためです)、緑色のぐにゅぐにゅの樹脂材料を耳穴にむにゅーんって入れます。最初ちょっとひんやりしますが、わりといい気持ちです。数分まって固まったら取り出して採取完了。あー、結構簡単なのですねー。固まるまでの待ち時間の無音状態は、カスタムIEMのそれを予感させる体験でワクワクとドキドキでした。
そしてカスタムを楽しみます。ドライバ、ノズルサイズ、フェイスプレート、本体カラー、コネクター端子 まで選べますよ!
是非 世界で一つだけの自分だけのカスタムメイドのインイヤーモニター、作ってみませんか?
ONKYO BASEで取り扱っています。
http://c.bme.jp/14/2484/108/XXXX


3:使ってみた!ワイヤレスネックスピーカー

昨年発売された、首に掛けて使うワイヤレスネックスピーカー“C9wireless neck speaker”「SE-C9NS」の使用レポートです。

普段、自宅ではスピーカーで音楽やラジオを聞く事が多く、集中したい時や外出する時はイヤホンかヘッドホンを使っています。これはこれで特に不便を感じていなかったので、ネックスピーカーの使いどころがピンと来ていませんでしたが、実際に使ってみると今までにない良さがありました。

具体的に言うと家事のお供にぴったりでした。
家事はなかなかやる気が出ないので、それをラジオや音楽を聴いてテンション上げたいのに、掃除機の音や水音などでスピーカーの音が聞こえなかったり、かといってヘッドホンだと必要な音まで聞こえなくなってしまう…。

そんな時にこのワイヤレスネックスピーカーを使うと、キッチンにいて料理や洗い物をしていても、掃除機の音が出ていても、お風呂やトイレの掃除中でも楽しめるようになりました。また、物干しや水撒きなど移動を伴うときも便利。スマホと一緒に移動しなくても、家の中の移動なら音が途切れません。
また、軽くて付けているのを忘れがちで、そのままコンビニに行きそうになった事がありました。

今まで音楽を聞くのに無縁だった時間も音楽を楽しめるようになったのが嬉しいポイントです。

ONKYO DIRECTで御購入いただけます。http://c.bme.jp/14/2484/114/XXXX

=====
編集後記:
令和二年の最初の月ももう後半です。早いですねー。
丸の内ピカデリーのドルビーシネマ、劇場版『機動戦士ガンダム』の上映がありますよ。しかも劇場版『機動戦士ガンダムII 哀・戦士』、劇場版『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』と劇場版三部作が1/24(金)から2週間限定で一挙上映です。是非ドルビーシネマを体験してみてください。
http://c.bme.jp/14/2484/109/XXXX
=====

※本メールの送信アドレスは送信専用となっております。本メールへの返信によるご質問等はお受けしておりません。
※本メール及び弊社メールマガジンに関するご質問等がございましたら、下記までお問い合わせください。
【お問い合わせ先】support_mlma@pioneer.onkyo.com
※本メールマガジンの配信停止をご希望の場合は、下記よりお手続きください。
XXXX
※お客様の個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに従い、適切に利用、管理、保護いたします。
※本メールには、(TM)、(R)マークは明記しておりません
※Dolby、ドルビー、Dolby Atmos、Dolby Cinema、Dolby Vision、およびダブルD記号はドルビーラボラトリーズの米国およびその他の国における登録商標です。

=====
送信元:オンキヨー&パイオニア株式会社 <メールマガジン編集担当:オンキヨー&パイオニアメールマガジン事務局>
〒130-0015
東京都墨田区横網一丁目10番5号 KOKUGIKAN FRONT BUILDING 
=====